【交通事故に遭った時の整形外科と整骨院】

2021年01月22日

皆さんこんにちは!宮城県宮城郡利府町 利府バランス整骨院です。

 

今回は【交通事故における整形外科と整骨院】のお話です。

 

実際交通事故に遭われた際、どうしたらいいか分からない、、、そんな方は多いのではないのでしょか?

今回はそんな事故通院の疑問点にお答えしていこうと思います。

整骨院と整形外科、双方の適切な利用方法を知っておくと損はありません。

 

交通事故にあってしまった時には、【自動車保険制度】を利用する形になります。

自動車保険制度には大きく二つあります。

 

①【自賠責保険】

②【任意保険】

この二つです。

 

交通事故で整形外科や整骨院の出番が出てくるとき、それは【お身体にケガや異常】があった時かと思います。

 

①の自賠責保険は、【人身事故】にしか適用されません。

事故の実況見分においては、人身事故になるのか、物損事故になるのかが問われます。

少しでもお身体に不安がある場合、人身事故扱いにすることをおすすめします。

 

人身事故扱いになるには、【医師の診断書】が必要になります。

この時に整形外科等の医師の診断が必須ですので、先ずは整形外科へ受診しましょう。

また、示談のタイミングでも診断書が必要になってきますので、必ず診断書を受け取りましょう。

 

そして【早期受診】をおすすめします。

・早い対処で身体の回復がはやまる

・通院までの期間が空きすぎると、事故との因果関係が認められない場合がある

このような理由からです。

 

交通事故では、後遺症が残ってしまうケースも珍しくありません。

後ほど後遺症が出た場合でも、交通事故との因果関係が認められなければ損害賠償を問うことも出来ませんので、はやめに診察を受けることをおすすめ致します。

 

続いて、整骨院(接骨院)の通院に関してのお話です。

整骨院での施術は、整形外科等と同様に自賠責保険の適用になります。

その為、慰謝料請求の対象にもなります。

病院と同様に自賠責保険が適用になると、通院治療費も窓口負担0円になる点も同じです。

 

【整形外科(病院)】と【整骨院・接骨院】は併用が認められており、併せて通院されている交通事故患者様も多くいらっしゃいます。

(※同日に整形も整骨院も通院する場合はNG)

 

患者様が併用して通院される理由として、

『病院や整形のみだと、通院期間が空きすぎて不安』

『診療時間内に通院できない』

『待ち時間が気になってしまう』

など患者様の声があがっています。

 

整形や整骨院を併用する場合のポイントですが、

①月に1回以上は整形外科に通院して経過確認をとる

②同じ日に同時通院しない

③必ず併用して通院する事を事前に保険会社に伝えておく

 

これらは大事なポイントになります。

 

【まとめ】

✰交通事故後、念のためまずは病院(整形外科)へ受診。必要に応じて整骨院・接骨院へ。

✰整骨院と整形外科の併用は可能

✰整形外科でも整骨院でも自賠責保険適用で治療が出来る

✰人身事故扱いにするためには医師の診断書が必要

 

皆さんの身を交通事故から守ってくれる自賠責保険は、人身事故にのみ適応になることは改めて必ず覚えておいてください。任意保険も大事ですが、もし事故にあってしまった場合、自分を一番に守ってくれるのは自賠責保険です。

合わないほうが良い事故ですが、万が一の時に、これまでお伝えした知識が役立つときが来るかと思います。

参考までに覚えておいていただけると幸いです。