交通事故ムチウチ施術の必要性

ムチウチ施術の漫画=

ムチウチとは|仙台市交通事故治療ムチウチ.com

ムチウチについて説明している様子

ムチウチは病院では「外傷性頸部症候群」「椎間板ヘルニア」「頚椎症性神経根症」「脊髄損傷」等で診断を受けます。
交通事故の激しい衝突で、首や肩を中心にでてくる不調です。
ムチウチは神経の不調で、骨に特に異常がでないにもかかわらず違和感や痛みがでます。
交通事故は、筋肉・靭帯・神経など様々な箇所に大きな損傷をうけています。特に追突事故の場合は、むちがしなるように前後に体がゆさぶられ、筋肉や靭帯や神経などを同時に痛めてしまいます。また、体の一部だけに損傷が起こっているのではなく体全体に衝撃をうけています。その中でも首はたくさんの神経や筋肉、靭帯がとおっており、加えて一番重たい頭を支えていることで、事故で一番衝撃とうけやすい部位と言えます。

ムチウチの特徴|仙台市交通事故治療ムチウチ.com

病院で「異常なし」と診断されてしまう

ムチウチは神経の痛みで、首のじん帯や、筋肉、関節の損傷です。病院では骨が折れているか、折れていないかを診断される場合が多く、『異常なし』と判断されることが多くあります。レントゲンやMRIの検査では神経の不調は確認がとれにくいからです。病院で『異常なし』と診断されても違和感がある場合は、必ず医療機関や整骨院を受診するようにしましょう。

周りからムチウチの痛みについて理解が得られない

ムチウチの検査をうける様子

ムチウチは神経やその周りの筋肉の炎症の為、外側から見ると『痛そうに見えない』ことが大きな特徴です。周囲からは痛みが見えず、元気そうに見えてしまうことでリハビリに通うことに理解されないことがあります。理解が得られないことで、つい我慢してしまい治療が遅れるケースが多くみられます。ムチウチは早く施術をうけることがとても大切です。できるだけ早くリハビリ・施術をうけるようにしましょう。

事故直後、すぐに痛みがでない場合がある

交通事故の直後に痛みがでなかった場合、『痛くないし大丈夫だろう』と、症状を甘くとらえがちです。痛みを全然感じていなくても、事故で体には相当は負荷がかかっています。特に交通事故にあってすぐは、衝突をうけたショックと体の緊張で痛みを感じにくい状態になっています。日がたって、首や肩、腰に痛みが発生し、数後日、数年後に痛みがでてくるケースも少なくありません。交通事故の直後は痛くなくても必ず医療機関を利用しましょう

放置して、リハビリや整骨院通いが長期化してしまう

痛みが遅れてくる場合もあるのが、ムチウチ症状によくみられる特徴です。事故の直後痛みが発生しないことで怪我や不調を軽くとらえてしまい、違和感を感じた頃には事故のせいだと思わない人もいます。痛みを事故が原因としてとらえることができず、リハビリや病院への受診が遅れることがあります。リハビリや、施術をうけることが遅れることで長期化し、精神的に負担がかかります。違和感を感じたら、どんなに小さな痛みでも必ず医療機関を利用しましょう。

後遺症として痛みが残る場合がある

理解が得られない、痛みが遅れてくる等、遅れれば遅れるほど、長期化し完治せず後遺症を残すことがあります。長期化すると、疲労感や頭痛、肩こり、めまい等の後遺症に悩まされます。また、ムチウチの後遺症は保険で認められにくく、認められたとしても痛みの辛さに反して補償が厳しいという現実があります。

頭痛、めまい・・・これもムチウチの症状??|仙台市交通事故治療ムチウチ.com

ムチウチが原因でめまいがおこっているイラスト

頭痛やめまいは頚椎捻挫バレリュー型と呼ばれるムチウチからくる痛みです。バレリュー型とは、交通事故の衝撃で交感神経が優位になり脳への血液が不足してしまうことです。首の周りには多数の筋肉・神経が通っており、中でも首の後ろ側にある筋肉には自律神経がたくさんとおっています。自律神経に影響を及ぼしてしまい頭痛やめまい、不眠・虚脱感・疲労感等もムチウチの症状と言えます。

ムチウチ 早くから痛みを取り除くことの重要性|仙台市交通事故治療ムチウチ.com

ムチウチ施術の様子

ムチウチは早くからリハビリ・施術をおこなえば、2~3ヶ月で不調を取り除くことができる場合が多いです。
施術が遅れると、痛いや不調の長期化、ひどい時には後遺症ちとして痛みをずっとひきずることがあります。後遺症が残ると、ケガとずっと向き合わなければならなくなります。長期化すると保険がきかなくなり、後遺症として認められたとしても補償が思った程でないというのが現実です。また痛みに対する精神的な負担がかかります。
はやく元気になるためには病院の通院と併用し、ムチウチ施術を同時に行うことを、お勧めしています。